我が家にやってきた新しい家族

京都に住む息子家族から、犬を飼わない?と提案があり、

前のわんこが亡くなって5年以上たち、

そろそろ飼いたいなと思っていたので、

私の還暦のお祝いに、息子家族からプレゼントしてもらう事になりました。

 

2月17日にブリーダーさんのお宅に見学に行き、ご対面をして

3月3日に受け取りに行ってきました。

5月8日生まれなので、名前はエイト(8)と言います。

 

ブリーダーさんはこちら。

www.poodle110.com

 

とても、わんちゃん達を大切に育てているご夫婦で

私達が受け取りに行ったときにも、これからの育て方を丁寧に教えてくださいました。

 

今まで、2匹犬を飼ったことがありますが、

どちらも屋外の小屋の中で育てたので、

躾けらしい躾けをしないで飼っていました。

 

今回は初めて室内で飼うことになり、飼う方も不安がいっぱいの中、

車で3時間かけてはるばる我が家にやって来た彼はもっと不安だったと思います。

 

f:id:shibako3:20180319143956j:plain

 

見学に行ったときにブリーダーさんに相談して

ケージとベッドとトイレは準備しておきました。

f:id:shibako3:20180319143932j:plain

 

エサは今まで食べていた物を1か月分頂いてきたので安心していたのですが、

でも、最初はなかなか食べてくれず、とても心配しましたが、

それも、1週間ほどで定量を食べてくれるようになりました。

 

ベッドは夜は暗くして休ませて下さいと言われてたので、

その通りにして寝かせたところ、ずっと泣いていたりして

朝はケージ内がトイレもベッドもグチャグチャに。

二晩ほど耐えてみましたが、私たちが耐えられず、

それからは、ケージの前に布団を引いて、そばで休むことにしました。

これで、泣き続ける事はなく、静かに夜は眠ってくれるようになりました。

さて、いつ私たちがここから自分たちの寝室に戻れるのでしょうか?

 

飼う前からわかってたのですが、彼が来て1週間後に法事があり、家を留守にすることに。

最初は留守番させて行こうかと思ってたんですが、

1週間一緒にいてみて、とても無理と判断。

犬を飼っている親友がいて、預かって貰えないかとお願いしたところ、

快く引き受けてくれたので、とりあえず一安心。

でも、預けたのは良いけど、先で迷惑かけてないか?と不安で出発しましたが、

途中、友達から写真が届き、そちらのワンちゃんと仲良く遊んでるとの事。

 

2匹が寄り添って眠ってる写真を見て、本当に安心しました。

f:id:shibako3:20180319144919j:plain

 

やってきて2週間、やっと彼のペースが決まってきて、

家の居場所では安心して休んでくれるようになりました。

f:id:shibako3:20180319145119j:plain

 

椅子に座っているとねえねえと手で私の膝を触ってきます。

これをされると可愛くて抱っこしないでいられません。

f:id:shibako3:20180319145407j:plain

 

ただ、まだトイレがちゃんとトイレで出来ないのと、

人見知りで、人に向かって吼え続けるのが治りません。

性格が怖がりなのか、部屋の外の廊下を誰かが歩いていても吼えます。

今、息子たち家族が帰って来ているのですが、

息子達は一生懸命仲良くなろうと近づいても、エイトは吼えて逃げます。

エイトが吼えると孫がびっくりして泣いて、まあ悪循環だ事。

 

人見知りで怖がりで神経質なエイト君。

早く、皆と仲良くなれますように。

 

 

 

雪に埋もれた2月が終わる

2月5日から降り始めた記録的な大雪が終息して、生活は通常に戻りましたが、そこらじゅうにある雪山はなくならないままで、この雪いったいいつになったら溶けるんだろう?って今の興味はそこです。

 

今年の大雪の記録をちょっと書いておこうかなと。

 

5日から降り始めた大雪はいったんその週の金曜日にやむものの、その次の週にまた降り始め、最終私の市では積雪2mを超えました。

市内で豪雪地域とされる山間部では4mを超え、さすがに慣れてる地域でも悲鳴。

 

大雪が降り始めた7日に書いたブログです。

この時はまだ、ここまで続くとは思ってませんでした。

shibako3.hatenablog.com

 

このブログの段階では大雪に慣れてる私の市では買い物に行けば残ってるものもあったし、これで終息すれば早く元に戻れると思ってたんですが・・・・

 

その後、県庁所在地である福井市の麻痺がこちらに及ぼす影響がジワジワと効いてきました。

都市部の雪の弱い事。

主要幹線道路が復旧しないので、流通がストップした状態が回復しません。

 

スーパーマーケットの棚から食品が無くなり、ガソリンが届かないのでガソリンスタンドでは給油が出来なくなり、ガソリン不足が除雪車にも影響して、道路の除雪もままならなくなり、道の雪がとれなくなった為、学校の休校は続き、とにかくどこにも出かけないで家にこもる日々が1週間ほど続きました。

私の住む福井県勝山市はもともとが雪国で、家の前の除雪作業が毎日続くことはよくある事なので、その事で辛いとは思いませんが、さすがにこれは参りました。

 

やっと雪がやんだ14日の晴れ間、事務所の前は出入りできない状態です。

通用口があり、私達はそちらで出入りしてます。

目の前の国道が片側2車線あるのですが、1車線しか除雪してないのと、歩道の除雪も入らないので、自力で道路まで除雪しようと思うと距離が4m位あります。

なので、とりあえず、人間が通れる細い道だけあけました。

f:id:shibako3:20180223110247j:plain

 

たまたま反対車線をバスが通ったので写真を撮りました。

中央分離帯の雪の山に隠れて、頭しか見えません。

f:id:shibako3:20180223110631j:plain

 

この晴れ間の後一気に回復が始まります。

ガソリンも供給始まったし、スーパーの棚にも少しづつ物が戻ってきました。

私は16日には車のガソリンを満タンにして、スーパーマーケットで買い物を思いっきりしてきました。

 

息子のお嫁さんからのバレンタインデーのプレゼントです。

流通の麻痺で、2/17に届きました。

こんな時に嬉しい贈り物です。疲れた身体に甘いものは幸せを運んでくれます。

f:id:shibako3:20180223110804j:plain

 

福井県はバレンタインデーには大雪でそれどころじゃなかったので、チョコが売れ残りお店がダメージを受け、福井商工会議所は、セカンド・バレンタインデーと銘打って28日をその日に設定したようです。チョコ売れるといいですね。

 

除雪車のフル活動のおかげで、道は少しづつきれいに。本当にありがたい事です。

さすが雪に慣れてるわが町。

除雪の技術は素晴らしいです。

道のきわ、こんなにきれいにとって行ってくれます。

f:id:shibako3:20180223111513j:plain

 

f:id:shibako3:20180223111721j:plain

 

そして21日にはやっと歩道に除雪が入りました。

f:id:shibako3:20180223111923j:plain

 

 

これで、雪がとけるのを手助けしてくれ、雪山も高さが減っていきます。

あっという間に三月まで、後数日になりました。

来月の末には雪も消え、大雪があった事も思い出話になるんでしょうか。

まだまだ消えそうに無いですけどね。

 

春が待ち遠しい今でした。

 

 

予想以上の大雪に 春は名のみと

月曜から降り始めた雪が、想像を超えてひどいことになりました。

今まで豪雪を経験してますが、2月に入ってこんなに降るのは初めてです。

 

37年前の昭和56年、56豪雪と言われた時以来とか。

でも、あの時は年末から降り始めた雪だったので、こんな時期じゃなかったはず。

 

ただ、今回が一番いっきに大量降りましたが、

でも、今年は今回までにも何度か大雪があり、地元の皆さんは屋根雪は三度目の雪下ろしぐらいになると思います。

本当に、もう雪は嫌だ~と思っていた所の最後のとどめです。

 

交通は全て麻痺、学校もすべて休校、と全く機能してない地域になってしまってます。

流通が止まってるので、食糧確保が大変。これ以上降らないことを祈ります。

 

仕事の依頼のメールは届いてるんですが、月曜に発送したと言う荷物が届きません。仕事をしたくても、開店休業状態です。いつ物流が復旧するんでしょう?納期、大丈夫かしら?

でも、どうにもならないので、恨めしく天を見上げるだけです。

 

さすがに全国ニュースになってるので、親戚から大丈夫?の電話が度々です。

まあ、家にこもってれば被害は無いと思いますが、石油が切れたり、食べ物が切れたり、停電になったり、そうなると深刻です。そろそろ止んで欲しいものです。

 

無人のお向かいさんの家は入り口がすっぽり隠れてしまいました。

屋根雪を下ろす人も居ないので、潰れない事を祈ります。

f:id:shibako3:20180207110053j:plain

 

我が社のベランダと屋根の雪。

鉄筋住宅なので、屋根雪を降ろしてませんが、これ以上続くと降ろさないといけないかも。でも、ベランダは手すりがあるので降ろしにくいんですよ。

f:id:shibako3:20180207110114j:plain

 

事務所の入り口は国道を除雪した雪で覆われて、

側溝が詰まって水が流れないので、雪を流す場所も無く、

開かずの入り口になってしまいました。

これじゃあ、荷物が届いても、運送便のお兄さんが遭難しそうです・・・

f:id:shibako3:20180207110133j:plain

f:id:shibako3:20180207110158j:plain

 

何よりも悲しいのは、今週末の連休に楽しみにしていた旅行を断念しました。

あーーーー、雪が恨めしい。

 

節分・立春を迎え 春が来たはずなのに・・・

節分が年の変わり目だと知ったのは大人になってから、と言うより、かなりの年齢を重ねてから。

まあ、考え方の違い?みたいなものかしら。ずっとお正月が来れば、新しい年の始まりでおめでとう!と言って祝ってたから。

でも、今でもその感覚は変わらず、お正月は明けましておめでとうです。

 

ただ、運気的に節分で変えたいという思いもあり、最近は節分の豆まきは本当に一生懸命やってます。

特に今年は一月末にインフルエンザに罹ったこともあり、豆まきへの思いは力いっぱい。

 

これで、元気よく春を迎えられますように~!!!

 

雪国だから、春への思いは強いのかもしれませんね。

立春と言う言葉が憧れのように心に響きます。

 

でも、でもですよ。

今年はなんですか?立春寒波とかなんですか?それ。

12月からずっと雪に悩まされ続けて、やっと立春なんですよ。

地元の除雪作業の上手さに、昨日の朝も道路のきれいさに感動してたんですよ。

それがたった一晩で、又、元の木阿弥です。

 

もう、やめて!!!

 

f:id:shibako3:20180205114835j:plain

f:id:shibako3:20180205114804j:plain

f:id:shibako3:20180205110730j:plain

 

 

 

 

 

新企画を含めた恐竜グッズの展示

インフルエンザの出勤停止5日間も開け、今日から仕事開始です。

土日を含む5日間休んでただけなのに、Win10からバージョンアップが届いていたので再起動したら、とても大きいものだったしく、のっけからPCを使えないと言う状態で、病あけ頑張るぞ~!の気持ちがそがれます・・・・

 

まあ、気を取り直して、

昨年末のブログに書きましたが、

銀行の担当の方の勧めで応募した、福井県「逸品創造ファンド事業」が認定を貰って、

昨年後半は新しい企画・サンプル製作と頑張ってきました。

 

shibako3.hatenablog.com

 

サンプルも色々出来て、良い企画になったな~と自画自賛している中、今後どうやってこれを発表していこうかと考えていたところ、

銀行の担当のからお誘いを受け、成果を発表する場を頂き、今週初めから展示させて貰えることになりました。

 

f:id:shibako3:20180201113546j:plain

 

福井銀行勝山支店にて、今週から3週間、2月16日まで展示させて貰えるので、

少しでも多くの方の目に触れることを期待したいと思います。

 

又、今回作ったパンフレットも置いてきました。

持って帰って貰ってゆっくり見てもらえるとうれしいなと思います。

 

久しぶりのインフルエンザ罹患(A型+)

世の中インフルエンザが流行しているって話を毎年聞くけど、

息子が京都に行ってからは、母と私達夫婦の三人家族で、仕事は自社なので外部と接することも少なく、他人事でした。

インフルエンザの予防注射も、息子の大学受験の時に受けて以来、受けるつもりもありませんでした。

 

高齢の母だけは毎年予防注射を受けてるので、これで勝手に万全のつもりでいたんですが・・・・

 

我が家は、どちらかと言うと高齢の母のほうが行動的で、出歩くことも多く、それも元気の証と喜んでたのですが、ある朝「熱がある」と言うので、急遽病院に連れて行くと、インフルエンザA型との事。

あ~やっちゃった~。

と言うのも、母は予防接種をしてるからか病状もそんなに重くなくて、熱もそんなに高熱じゃなかったし、全くインフルエンザとは想像もしないで、思いっきり油断していました。

私、貰ってるかも・・・・

 

想像通り、翌日の午後から高熱が出て、辛い辛い。

 

かれこれ、10年以上はインフルエンザにかかってなかったと思います。

こんなに辛かったこと、すっかり忘れてました、

布団に横になっていても眠れるわけも無く、ただじっと耐えてるだけ。高熱ってこんなに身体中の色んな所が痛くなるものだったんですね。

「あ~そうだったな~。。。。

 でも、昔インフルエンザの処方薬が無かった頃はもっと辛かったはず。

 年とともに抵抗力が弱くて症状が重いのかな~?」

なんて思いながら。

 

病院ではイナビルと言う吸入粉末剤を処方されその場で吸入してきました。

おかげで、三日目には熱が落ち着き、微熱っぽさが残るものも動けるようになりました。

一日目は病院から帰ってきてまだ動けるうちに夕飯を作っておいて、それを食べてもらい、三日目は夕飯を作ることが出来たので、二日目だけ夫に食べたいものを買ってきてもらって済ませてもらいました。

土日が始まりだったので、仕事は完全OFF。

布団に休んでいることに全く罪悪感を持たなくて居られたのは良かったです。

 

が、今日は四日目(火曜日)、まだ完全ではありません。

恐るべきインフルエンザ、通常の風邪くらいの症状(微熱、頭痛、のど痛、咳、鼻水)が抜け切れません。と言うより、これでとても楽になったと思えることが異常。薬は一週間分貰っているので、それを飲み終えるときにはすっかり良くなってると信じて、後数日耐えることにします。

 

外の雪は降りやみません。除雪を手伝えない申し訳なさがありますが、それより、病気の時って天気になってくれると気も晴れるのにな~って思いながら、恨めしく外を眺めてます。

 

そう言えば、10年以上前にインフルエンザにかかったのは、息子からの感染でした。私は家庭内感染が鬼門です。これからは、家庭内にも眼を光らせなくちゃ?ってそれは無理なので、来年からは予防注射を受けようと思いました。

 

 

 

 

 

福井の天神講

 

天神講とは菅原道真の命日に行う祭礼の事らしいですが、

福井では独特の風習があります。

 

福井県では男の子が生まれると、母方の親からの孫渡しの一つとして天神様の掛け軸を贈る風習があり、その掛け軸をお正月から床の間に飾り、1月25日の天神講の日には焼き鰈をお供えして無病息災と学業成就を祈ります。

 

我が家も、私の父の時代からの天神様があり、毎年お正月には必ず飾られます。

家によっては男性一人に一本で何本もの天神様があると言う所もあるらしいですが、我が家は昔からの一本だけがあります。

もう息子は成人してますが、去年孫息子が生まれたので、昨日もちゃんとカレイをお供えして、遠くに住む孫の事を思いながら頂きました。

 

f:id:shibako3:20180201105522j:plain



 

この風習は幕末の福井藩主、松平春嶽が学業を奨励してその精神的な支えに、菅原道真公の掛け軸に拝むようにした事が始まりと言われてます。

現在、福井県は小中学生の学力診断で上位にいますが、この頃から学業に励むようにとの教えが今も根付いてるんでしょうか。