読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オチあり 四国旅行

今年のご褒美に四国旅行計画

半年前から道後温泉に行きたいねと言う話が持ち上がりました。

と言うのは、実は今の道後温泉本館の建物が耐震改修を3年後に控え、改修が始まると当分見れなくなると聞いたからです。

道後温泉に行くなら、それだけではもったいないし、四国に観光で行ったことが無い私は、連休を使って2泊3日で行こうと計画しました。

旅行って計画してる内が一番好きです。色々空想を張り巡らして、行ったことがない場所をネットで調べ、経路の時間を調べたりしてるだけで、行った気分になります。

が、まあ、調べ不足もあり色々ありました。しかも最後にすごいオチが待ってました!

 

一日目

岡山県宇野港から直島に渡り、直島見学の後、高松港に渡り、栗林公園を見て金刀比羅温泉に入りました。

計画では余裕の行程の予定だったのですが・・・・

ところが、私ったら行く寸前になって、初めてフェリーの時間を調べてみたんです。すると、なんと直島から高松に渡るフェリーの最終が14:20だったんです。

そこから、出発時間を逆算。どれだけ頑張っても4:30位だろうと考えると、11:00のフェリーにカツカツ間に合うかどうか。それでも、直島滞在が3時間弱になっちゃうので、これは半分計画ミスだとその時にやっとわかったんです。

でも行きたい、どうしよう・・・と悩んで、強行出発。11:00のフェリーに間に合わなかった時には直接橋を渡って高松に入ることで気持ちを収めました。

 

直島に無事到着

11:00発のフェリーに間に合い無事に直島に入ることが出来ました

 

f:id:shibako3:20141127111535j:plain

 

有名な赤いかぼちゃが迎えてくれます。

そこから一気に地中美術館へ行き、そこに車を停めて近くを歩いて回りました。

 

f:id:shibako3:20141127111838j:plain

 

f:id:shibako3:20141127111934j:plain

 

f:id:shibako3:20141127112100j:plain

 

しかし、滞在時間が3時間弱は全く足りませんでした。まだまだ見たいところ一杯あったのに、と言うか、ほとんど見れなかったと言っていいくらいで未練たらたら。いつかリベンジをと心に誓い、又帰りもギリギリにフェリーに乗り込み高松に向かいました。

 

栗林公園

実はそんなに期待しないで行ったんです。直島をゆっくり見て、その後の時間が無かったらそのまま直接金刀比羅温泉のつもりでした。ところがフェリーの最終が早く15:20に高松港に着いちゃうことがわかり、それならば高松観光をしようと行く事にしました。

ところが、この公園の素晴らしい事!しかもちょうど紅葉の時期に重なり、今年はまだ紅葉狩りをしていなかった私には感動でした。

 

f:id:shibako3:20141127112940j:plain

 

f:id:shibako3:20141127113032j:plain

 

f:id:shibako3:20141127113620j:plain

 

とても広い公園で、ゆっくり見て回ると1時間以上かかりました。でも、全く飽きずにゆっくりと見て回り堪能、帰る頃にはライトアップが始まりかけてましたが、これを楽しんじゃうと旅館に入る時間がとても遅くなるので、泣く泣く出発しました。

 

一日目はず~~っと時間と勝負みたいな日でした。ちょっと心残りがある場所もありましたが、金刀比羅温泉では美味しい料理と温泉を堪能して無事に終了しました。

二日目に続きます。