読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋裁用語【毛抜き合わせ】

毛抜き合わせ

洋裁をするときの用語で、毛抜き合わせと言う言葉があります。

これは、表側と裏側が、どちらにも控えられずに突合せになっている状態を言います。

 

f:id:shibako3:20150603110653g:plain    

この絵のような状態に作る事ですが、

これはリバーシブルで作る時など、表裏が無い状態で作りたいときの方法です。

 

 

f:id:shibako3:20150603110727g:plain

 通常はこのように表側に裏が吹き出ないように、地縫いした後、裏側を少し控えます。

 

 

毛抜き合わせの場合、表と裏の色が違う時、裏側の色が吹き出ると目立つため、

丁寧に折り返さないといけなくなります。

 

両方アイロンの技術で処理しますが、通常の地縫い返しの場合は、縫い代を表側に片倒しして返し、毛抜き合わせの場合は、縫い代をいったん縫い割りして返すと上手くいきます。