鉄道で回った台湾旅行

まずはツアーを決める

今年台湾旅行に行こうと決めたのは去年のこと。

でも、ツアーを探したくても、6月のツアーが出るのは2月くらいからボチボチ、3月くらいからが本番で、最初は地元の旅行会社の店舗でパンフレットを集めてみたけど、ネットで見るより高いツアーばかり。
そんな時、ちょうど息子の住む京都に行くことがあり、そこで、ありったけのパンフレットを集めて検討することにしました。

 

その山ほどのパンフレットの中から条件を決めて絞り込みました。

○6月出発の3泊4日

○10万円以下

九份観光は夜

 

これで選んだのが日本旅行の「いいとこどり4都市ぐるり周遊4日」です

 

f:id:shibako3:20150620200651j:plain

 

たった4日間で台湾を一周するなんてとビックリでしたが、

鉄道を使うツアーのようで、だから早く回れるんだと納得です。

 

行程は現地ガイド付き、全日程3食付の、自由時間の無いツアーですが、

初めての台湾で高齢の母も一緒なので、その方が安全かなと決めました。

 

6月11日出発

桃園国際空港についてすぐに台北駅に移動。

台北から、鉄道のツアーの始まりです。

最初に乗車したのは特急。

台北から花蓮へ移動です。

f:id:shibako3:20150619171501j:plain

 

駅に着くとバスが待ってくれてます。駅からの移動や観光は大型バスで動くので、荷物があっても楽チンです。

初日は花蓮のホテルに行くだけで終了してしまいました。

 

6月12日

花蓮でタロコ峡谷というとても壮大な渓谷を観光。

台湾の東側を回るツアーはあまり無いので、この渓谷は期待して行きましたが、本当に素晴らしかったです。

写真ではその壮大さが写らないのが残念。眼にしっかり焼き付けてきました。

次は急行で高雄

これはディーゼル車だったようです。

5時間以上乗ってましたが、とても田舎を通り、トンネルも多く、電化できなかったのかな?と思って乗ってました。

 

 

高雄に着いて、六合夜市を散策、愛河クルーズと夜もびっしり予定が組まれてました。

 

6月13日

高雄の蓮池潭を観光した後台南へ。

台南へはバス移動でした。
台南は台湾発祥の古都なので、由来の孔子廟など4ヶ所を観光したあとは

一路台北へ新幹線でひとっとびです。

 

台北に着くと、いよいよ期待の夜の九份

着いたのは18:00位だったので、明るい時から徐々に暗くなっていく時間帯を過ごせ、あの独特の雰囲気をゆっくり味わってきました。

 

6月14日

最後にやっと台北観光です。と言っても故宮博物館だけでしたが・・・・

その後、有名店で飲茶を食べて、今回の台湾旅行は終了しました。

 

ツアー名のとおり、いいとこどりの周遊、観光地のつまみ食いのような朝から晩まで眼一杯使っての大忙しの台湾一周でしたが、鉄道を使って回れたのは、疲れも少なかったような気がします。

 

初めての台湾、漢字が読めるのでなんとなく意味がわかるし、それよりも日本語が通じる人が多く、とても行きやすい場所だと感じて帰ってきました。

次があったら、台湾フリーツアーで、自由に行きたい所を回ってみたいと思います。