読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

叔父の満中陰の法要に

年始からのバタバタの一つに、

大好きだった叔父が亡くなった事があります。

 

去年の9月に息子の結婚式に出席してもらいたくて連絡した時、

叔父のあやふやな返事でおかしいなと思っていたら、

その後、叔母さんから連絡が来て初めて、

叔父が体調を崩していることを知りました。

 

そう言えば、毎年お墓参りには必ず帰って来てたのに、

今年は来ないな~、おかしいな~なんて思っていたんですが・・・

 

叔母さんの話だと、膠原病を患い、そのせいで色々支障が出ていて、

すぐにどうこうって病状じゃないけど、肺の症状が一番深刻で、

肺炎は致命傷になりかねないので、

風邪をひくのが怖いので外出は控えてるって事でした。

 

残念だけど、結婚式には出席してもらえず、

ただ、息子夫婦にはお祝いを頂いたお礼に挨拶に行かせようと思い、

私も同行して、叔父の家に行ったのが今年の2月末。

 

その時は、元気に私達と軽口を叩きあってたので、

暖かくなったら、もう少し元気になれるかな?って思って帰ってきたのですが、

それから、急に体調を崩し、3月の31日に亡くなってしまいました。

73才でした。

 

暖かくなったらもう一度、大好きなおそばを持って会いに行きたいと思ってたのに、

あっと言う間に亡くなってしまいました。

 

なのに、もう四十九日です。

本当に早いな~~。

5月15日に満中陰の法要があり行ってきました。

 

叔父の家庭にはお仏壇が無かったので、

今回、新しいお仏壇が飾られてました。

都会の家にふさわしい、コンパクトでシンプルなお仏壇。

満中陰の法要と共に、新しいお仏壇の入仏のお経も頂き、

とうとう、叔父は仏様になったんだな~ってしみじみ。

 

自分の周りの人々が亡くなって行く度に、悲しみがありますが、

その分、自分を見守ってくれる仏さんが増えたと思う事にします。