読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パターンの原型

原型とは

パターン(洋服の型紙)を作るときに元にするものです。

 

f:id:shibako3:20150604105144g:plain

 

 

本来は個人一人一人の体系にあった原型が欲しいところですが、オーダーで服を作らない限りは原型を作る人はいないですよね。

そういう意味で、オーダーを仕事としているパタンナーさんは誰々さんの原型と言うのを持っていますが、通常はJIS規格の9号の原型、と言ったものを使う事が多いです。

当然、大きなサイズを専門にしているメーカーさんはそういう原型、子供服のメーカーさんは子供の原型、とそれぞれの会社のターゲットにあった原型を使います。

 

原型を作る

私達パタンナーはボディーを持っていますが、一番最初にそのボディーの原型を作ることから始めます。

ボディーには洋服に必要なゆとりが入っているので、それにぴったりの原型を作れば、最低のゆとりが入った物になります。

その原型を元に、サイズに合わせたり、デザインに合わせたりして製図を行く事によって、規格に沿った製図が出来ます。

ただ、デザイン性のとても多いものは原型を使うより、直接ボディーに布を当てて作り上げていく方が早い場合もあり、パタンナーさんはデザインに合った方法で製図をしていきます。