読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加工用語【ケミカル】

ケミカルとは

化学物質の事を言う言葉ですが、洋服に関わっていると、その言葉に結構触れます。

洋服は素材で作るものですが、ケミカルを合わせる事で、変化を追及したんでしょうか。

 

ケミカル・レース

シルクや水溶性の生地に立体的に刺繍をして、その後基礎の布を特殊な化学薬品で溶かして作られます。

立体的な刺繍の美しい模様は、とても豪華で、モチーフだけでもアップリケのように使って洋服を華やかにすることが出来ます。

f:id:shibako3:20150610110323g:plain

生地・レース・ファッション問屋(シルク日本製/リバーレース/チュール/ケミカル/広巾/細幅/モチーフより画像引用

 

ケミカル・ウォッシュ

デニムの加工の種類で、色落ちを促進する薬品を加えて加工することです。

ストーンウォッシュに薬品を加えると、自然な色落ちになります。

 

f:id:shibako3:20150610112021g:plain

1980年代に流行ったメンズファッション | Middle Edge(ミドルエッジ)より画像引用

 

ケミカル・シューズ

合成ゴムや、ビニール製・ナイロン製の靴の事を言います。

革製に比べると形が崩れやすいと言う欠点はありますが、

水に強く汚れが落ちやすく、安く作れるので、子供用に普及しました。

 

ケミカル・ファイバー/ケミカル・ファブリック

化学繊維の事です。
前のブログに化学繊維については書いてみました。

☆輝く女性の大人服 : sai.sai ブログ | 20140708

 

天然の物だった洋服に化学を加える事で、

丈夫になったり、変化したり、ファッションへの追及は素晴らしいです。