読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつからこんなに・・・

専門学校時代

宿題が多く、お金も無くて、出かける事なんてほとんどなく、いつも寮にいました。

寮は9時門限、11時消灯の規則正しい生活だったけど、別に苦痛じゃなかった。

一人暮らしを始めてからアルバイトを始めましたが、バイト先の同僚と飲みに行くぐらいが精一杯。

 

社会人になって

一人暮らしの新入社員にお金の余裕なんてありませんでした。

でも、同期の友達とはしょっちゅう飲み歩き、ちょっと余裕があると、スキーに行ったりしました。

 

結婚して再就職

結婚を機に最初の会社は退社しましたが、落ち着いてから再就職しました。

技術があったので、再就職で給料が上がり、

共働きの二人暮らしはかなりゆとりのある生活になりました。
同僚から夫に相棒が変わっただけで、しょっちゅう飲み歩いてました。

新婚旅行で海外に行ったのが初めてだったんだけど、それから海外旅行にはまり、毎年のように海外旅行に出かけました。

私の旅行好きはこの頃から始まったと思います。

 

福井に帰って

都会では考えられなかった地域コミュニティを経験します。

人によっては面倒くさいと言うかもしれませんが、子供がいると、それはとてもありがたい制度です。

特に我が家は自営で始めてしまったので、職場の同僚がいるわけじゃなく、地域の人と仲良くするのはとてもありがたい事でした。

おかげで、地域の中に溶け込むのにはそんなに時間がかからず、すぐに仲良くさせて貰ったので、その代り色んな役(係り)が回ってきます。
又、小さい市なのででどこからか聞いてくるのか、水泳が出来るとわかると、協会から声がかかったりして、協会に属することで、お手伝いも増えたりします。

子供が学校に行き始めるとPTAと言う役目も回ってきたりします。

共働き率の高い地域なので、そういう会議は夜が多く、よく出かけました。

仲間が出来ると、飲む機会も増えます。

今から考えると、毎日忙しく動き回っていたな~と感心するくらい。

 

そして今

子供も巣立ち、趣味も絶ち、これからは仕事を頑張ろうと生活を始めると、

その生活の一番の楽しみは、自宅での夕食と晩酌と入浴。

その生活が続くと、あんなに出かけていた夜の外出がとても億劫になり、

全くと言っていいほど出かけなくなりました。

本当に、出かけたくなくなりました。

時々誘われて飲みに出かけますが、それも年に数回ってところです。

 

旅行は大好きなので、年に何度か行きます。

でも、旅行先でも夜はのんびり部屋に居たい人です。

映画も好きなので、出かけます。

でも、夜は出かけません。

 

若いときは夜型で行動していても、

いつの間にかお日様と一緒の行動になるものですね。

考えてみれば、始まりは寮の規則正しい生活。

子育てをしてる時のパワフルな生活が異常だったのかしら?

単に年齢ですかね~。